2010年05月28日

500株のバラまとう 大手町のオフィスビル(産経新聞)

 壁面緑化のために東京・大手町のオフィスビルがバラで覆われている。

 人材サービスのパソナグループ本部ビルでは、今年初めて壁面緑化にバラを使用。9階建てのビルが約500株のバラで覆われている。オフィス街を行き交う会社員らも思わず足を止めるほどで、パソナ広報の藤巻智志さんは「ビルにいる社員も、通りかかった人もバラに癒やされてほしい」。見ごろは6月中旬まで。

真夏日 東京都心で30.9度 7月下旬並みの暑さに(毎日新聞)
日証協に暴力団情報提供=株式市場から排除支援へ―警察庁(時事通信)
バカラ賭博店に部屋提供 元外交官を逮捕(産経新聞)
more treesのフォトエキシビション――5月31日まで(Business Media 誠)
農相の「外遊先ゴルフ」を否定 官房長官(産経新聞)
posted by オリハラ ジュンイチ at 13:47| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月14日

もんじゅ臨界到達(産経新聞)

 日本原子力研究開発機構は8日午前、高速増殖炉「もんじゅ」(福井県敦賀市、出力28万キロワット)について、核分裂反応が連続的に起きる臨界に達したと発表した。試運転の最初の関門をクリア。今後は徐々に出力を上げながら性能試験を約3年間実施し、平成25年度から本格運転に入る。

 この日、中央制御室では運転員が、核分裂反応を抑えていた制御棒19本のうち2本を一定程度まで引き抜く作業を行った。午前10時36分、炉心が臨界状態に達すると、職員から拍手が起きた。臨界には中川正春文部科学副大臣が立ち会った。

 原子力機構によると、原子炉が14年5カ月の長い間停止していたため、0・03%というごく小さな出力を維持しながら、炉心の安全性を確認するという。

 炉心確認試験では、制御棒の効き方など全20項目を約2カ月半で実施。今月下旬には再び制御棒を差し込んで原子炉の出力を一時停止させた後、出力を最大で1・3%程度まで上げ、1〜2週間ごとに評価を行う。

 6日に運転を再開したばかりのもんじゅは、同日夜から7日まで6回にわたり、放射能漏れを測る検出器の誤作動があった。このトラブルについて、原子力機構が7日昼になってようやく地元に公表したため批判が噴出した。

 機構は公表遅れを認め陳謝し、敦賀市の河瀬一治市長が「何かあればすぐ報告してほしい」と不快感を示していたが、機構は8日、安全性に影響はないと判断し、予定通り臨界に向けた作業を行った。

鳩山首相が塗料かけられた祖父の墓にお参り 現場を確認(産経新聞)
中国大使に抗議=海保測量船の追跡で−岡田外相(時事通信)
B型肝炎訴訟 閣僚会議で政府方針を決定 和解協議へ(毎日新聞)
鳩山首相最後のあがき ヘリ訓練分散案が浮上?(J-CASTニュース)
<鵜飼>幽玄な古典漁法の妙技 岐阜・長良川で開幕(毎日新聞)
posted by オリハラ ジュンイチ at 20:48| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。